ホーム > クラウドソフト導入による業務効率化

h1_03.jpg

クラウドソフト導入による業務効率化

1.クラウド会計とは

 インターネットを利用できる環境と一定のスペックを備えたパソコンがあれば、いつでもどこでも会計処理ができるシステムのことです。
 なお、クラウド会計を利用するためのソフトを『クラウド会計ソフト・クラウド型会計ソフト』といいます。



2.特徴

(1)専用のソフトウェアを所有せずにサービスが利用できます(インターネットに接続できる端末があれば利用できます)。
(2)ほとんどのサービスを低コストで導入できます。
(3)利用金融機関の取引明細を自動で反映します(連携している銀行やクレジットカード会社等の明細を帳簿に自動転記する機能がついてい

   ます)。
(4)請求書の作成や自動管理機能がついています(請求書発行や自動消込を行うことができます)。
(5)複数人でデータ共有ができます(社内メール等のアドレス登録でアカウントを追加することができ、権限設定することができます)。



3.メリット

(1)預金取引やクレジットカードの取引データを自動で取り込むことができ、入力の手間を大幅に削減することができます。
(2)勘定科目などを自動振り分け機能、学習機能があり、摘要欄の入力も効率的に行うことができます。
(3)ソフトウェアのインストール、アップデートが不要で、税制改正や消費税対応など、常に最新の法規制に対応した機能を利用することがで

   きます。
(4)アップデート、機能の拡充が迅速です。
(5)導入コストが安く、一般的な会計ソフトを年度更新で利用する場合と比べて割安です。
(6)他のクラウド系アプリや業務改善アプリとの連動性に優れています。
(7)ユーザー数が一定人数まで無料です(多くの会計ソフトは、複数ライセンスに課金されます)。
(8)複数人が同時に端末を選ばずにアクセスすることができ、外出先から決算の状況確認や勤怠管理、出勤登録、経費申請等ができます。
(9)従来ソフトよりもUI(ユーザーが思わず使いたくなるような体験を提供するための技術)に優れており、

   画面のインターフェイスがよく、簿記や経理の知識がなくとも使いやすいです。
(10)クラウドサーバにバックアップがあるため、データ消失リスクを低減することができます。
(11)Windowsだけでなく、Mac、スマホ等でも利用することができます。



4.デメリット

(1)従来型の低価格ソフトを使用し年度更新をしない場合と比較すると割高となるケースが見受けられます。
(2)従来の会計ソフトに慣れている場合は当初操作しづらいと感じることがあります。
(3)インターネット接続環境がない場合に利用できません。
(4)現金取引や手形、小切手での取引が多い場合は、取引の自動仕訳ができないことから、業務効率化ができないケースがあります。



5.当法人の対応

 当法人は、株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区)のMFクラウドパートナー会員とfreee株式会社の認定アドバイザーに登録し、お客様にサービス提供を行っています。
料金体系の詳細につきましては、当法人にご確認ください。



6.クラウド会計導入までの流れ

(1)貴社の運用状況をヒアリング
(2)導入プランの選定とお見積り(ご提案)
(3)部門、勘定科目、補助科目などの初期設定
(4)過去データの移行
(5)銀行、クレジットカード会社等の連携を設定
(6)運用開始