ホーム > 税務会計に関する豆知識 > インボイス制度 登録申請始まります

h1_03.jpg

インボイス制度 登録申請始まります

 

令和5年10月から導入される「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」

前準備として「適格請求書発行事業者」の登録申請が今年10月から始まりますのでご紹介します。



1.制度導入までのスケジュール


令和5年10月1日からインボイス制度が導入されます。インボイスを発行できる「適格請求書発行事業者」になるためには、税務署に登録申請を行います。制度導入当初から登録を受けるためには、原則として令和5年3月31日までに登録申請を行う必要があります。



1_ページ_1.jpg


 

2.インボイスとは?


「インボイス」とは、売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるものです。


現行の区分記載請求書とインボイスとの記載事項の比較

2_ページ_1.jpg


3.インボイス制度導入に向けて


(1)現在課税事業者である事業者様

 インボイスを発行できるようにするため、令和3年10月1日以降、お早めに登録申請を行うことをお勧めします。

 

(2)現在免税事業者である(=課税事業者でない)事業者様

 現行では、売手が課税事業者であろうとなかろうと、課税取引であれば買手は仕入税額控除の適用を受けることができます。しかしインボイス制度導入後は、売手が課税事業者かつ登録事業者であり、インボイスを発行した場合にしか、原則として仕入税額控除の適用を受けることができません。そのため、同じ物やサービスを買うなら登録事業者との取引を選ぶと免税事業者が敬遠されることが懸念されています。

 したがって、現在免税事業者である事業者様におかれましては、課税事業者になることを選択してインボイスを発行できるよう登録するのか、それとも免税事業者のままで問題ないのかということを検討される必要があります。主に消費者相手の事業をされている事業者様や、住宅の貸付けなど消費税が非課税の売上が主である事業者様の場合は、免税事業者のままで問題ないと言えます。



これから約2年の間に検討し、結論を出す必要があります。お早めに検討されることをお勧めします。

 


 こちらから最新号がダウンロードできます⇩


 2021年4月発行 NTSVoice17